はじめてのインタビュー(これでばっちりインタビュー)
校種 教科 学年 時間数 教科書
小学校
生活
1,2年
3時間
なし



ワークシート 教師用手引き その他の関連資料
授業の概要
自分が調べたいことや聞きたいことをはっきりさせ,身近な人(家族や地域の人,先生など)にインタビューをし,取材相手からきちんと必要な情報を持ち帰るという初歩のインタビュー体験活動をする。この体験により,インタビューによる情報収集の第一歩を踏み出す内容である。また,生活科の学習以外でも,単純なインタビュー活動に利用できる。
教科の目標
自分の知りたいことや聞きたいことがはっきり分かり,家族や地域の人,先生などの身近な人にインタビューをして,必要な情報をきちんと持ち帰る体験をする。
情報教育の目標
新・情報教育目標リスト(2011)対応
A21-1-010:家族や近所の人などの身近な人に必要な情報を聞く
A21-1-020:いろいろな人から情報を集める
A41-1-010:より分かりやすく伝えるための工夫を意識する
学習の流れ
○インタビューをする人を決めたり聞きたいことを考えたりしてインタビューの練習をする
○インタビューに出かける
○インタビューで分かったことを発表する
 
【インタビューにはメモを持って】 【ワークシートにインタビューの内容を記入しておこう】
step1

○自分が知りたいことや聞きたいことを考え,インタビューをする人(相手)を決めてワークシートに書く。                                                 
step2

○知りたいことや聞きたいことが相手にきちんと言えるように,インタビューの言葉をワークシートに書き込んだり練習したりする                         【ワークシートにインタビューの内容を記入しておこう】
step3

○インタビューに出かける
・知りたいことや聞きたいことを相手にはっきり話す
・聞いたことや分かったことをワークシートに書いて記録する
  【インタビューにはメモを持って】
step4

○インタビューを振り返って分かったことや思ったことを発表用ワークシートに書く
○インタビューして分かったことや思ったことを発表する
 
○インタビューをして,分かったことや思ったことを発表する。
○聞きたいことや取材相手をはっきりせる
○インタビューの仕方を考えさせたり練習させたりする
○インタビューで分かったことをきちんと記録し話させるようにする。
○取材相手には事前に連絡をし協力を依頼しておく。