No. 47: 進路選択について

◆ 校種 ◆
高等学校
◆ 教科 ◆
特別活動
◆ 学年 ◆
1年
◆ 時間数 ◆
1時間
◆ 教科書 ◆

授業の概要
 本時は、自分の能力や適性を生かせる進路について考える。その際、進路情報に関するWebページリンク集を活用し、様々な職業に関する情報を収集しまとめる。
 次時以降は、その情報をもとに発表会を行い、クラス全員の進路意識の高揚へとつなげる。

教科の目標
○自分の能力や適性を生かせる進路について考えることができる。
○Webページ等を利用して、職業や学問分野、資格等の情報収集を行い、進路選択に役立てることができる。
○収集した進路情報を整理し、ワークシートにまとめることができる。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A21-3-070: 複数のWebページを比較して、必要な情報を探し出す〔行動〕
 ◆A51b4-040: 集めた情報の内容を読みとり整理・分析・判断する〔判断〕
 ◆A51c3-010: 必要な情報をプリンターで適切に印刷する〔技能〕

導入
○ワークシートに、自分の将来像をイメージして記入する。
○「適職診断」や「職業適性CHECK!」、「仕事相性度チェック」を参考にして、自分にどのような適性があるかを考える。
・ワークシート
・Webページリンク集

展開
○Webページリンク集を利用して、リストアップした職業についての情報を集める。
・ワークシート
・Webページリンク集

○ワークシートにまとめる。
○興味深いWebページはプリントアウトする。
○書籍資料からの情報とも合わせ、要点をまとめる。
○自分の感じたことや考えたことも盛り込む。

まとめ
○職業によって、求められる適性、必要とされる知識や資格などが異なることを知る。○進路を決定することは、自分がどのように生きるかを選択することだと強く意識する。

実践のポイント
○紹介した進路情報に関するWebページは、生徒が進路意識を高めるためのきっかけ作りや、その職業の概要を知る上で役立つ。