「どうして自動販売機があるのかな?」(交流学習版)~自動販売機の抱える課題と未来の姿、クリーン作戦より~

概要
ねらい
情報活用のねらい
Step1:みんなでやってみよう!クリーン作戦=空き缶 拾い
Step2:自動販売機やポイ捨ての実態を調査しよう
Step3:空き缶 ポイ捨てと自動販売機の関係を他の地域と比べてみよう
Step4:空き缶 ポイ捨てを減らす方法と自分たちができることを考えよう
Step5:未来の町での自動販売機を考えよう
実践にあたっての留意点

教師用ガイドブック
子ども用ワークシート
123
教師用ワークシートガイド
123
学習進行表
構想グラフ/活動イメージ
12
リンク集
新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A51a3-030:見通しを持って、調べる計画を立て、手順を整理する〔行動〕
 ◆A41-3-090:コミュニケーションツールを使って、他の人と意見や情報のやりとりをする〔行動〕
 ◆A41-3-100:わかりやすく伝えるメディアを選んで、自分の考えを表現する〔行動〕
 ◆C11b3-060:使われている情報が適切かどうかを客観的に判断できる〔思考判断〕
 ◆A51c3-040:事実と自分の考えを、区別して発表する〔行動〕


現代の日本人の生活に浸透している自動販売機は、その利便性から消費者側や供給者側にとって無くてはならないものになっている。生活のオートメーション化は技術の進歩により利便性を追う我々にとって必然であるが、同時に多くの問題も含んでいる。必要以上に設置された自動販売機により、膨大な電力消費の問題、そこから派生する資源・エネルギー問題、空き缶 ポイ捨てにつながる消費者のモラルの問題が生じている。子どもたちにとって当たり前のようにある自動販売機を調べていく活動を通 して、自分たちの消費生活を見直し、自動販売機に内包されるモラルや環境問題など今日の社会的課題を考えていくことができ、自分たちの未来の町づくりなどについて話し合っていける課題である。

日常的に暮らす地域に、ポイ捨てされている空き缶 を通して、これらは美観やモラルの問題を含むばかりか、資源の無駄使いをしているということを理解する。
ポイ捨ての大きな原因の一つである自動販売機について、様々な角度から調査し、自動販売機の環境に関する問題点やこれらの改善点、利用者の責任などについて理解する。
リサイクル活動や、企業による環境対策、国や地域による自動販売機への考え方の違いなどを検証し、自動販売機と人との関わりを考えてみる。

さまざまな情報手段を活用して、効果 的に表現する。
メディアを活用して情報を交流する。
課題解決に必要な情報を、情報手段を活用して収集する。
伝えたいことを明確にして相手にわかりやすく伝える。
情報を批判的に活用できる。

学校周辺などを歩き、空き缶 ・ビン・ペットボトルなどを収集することで空き缶ポイ捨ての問題意識を持つ。(3時間)

実際に、学校周辺の道路、川原、溝、草むら、空き地などを歩き、空き缶 ・ビン・ペットボトルなどを収集する(奉仕活動・ボランティア活動に絡めて)
意見や疑問点などを「i.note」上で事前に作成しておいたワークシートへ記入させる


農村部の場合は、高速道路下の空き缶 ポイ捨て写真などを見せ、全国各地で空き缶の害に悩んでいることに気づかせたい。同様に、都市部の場合は、キャンプ場や清流に捨てられた空き缶 ポイ捨て写真や自動販売機周りの空き缶散乱写真などを見せ、問題意識を持たせたい。
発見したことを具体的に伝えられるように、ワークシートやデジタルカメラを使 って記録する。
収集した空き缶 (実物)を並べて意見を出し合う。
※川や道路に空缶があるのはなぜ(観光客、キャンプ、地域の人、運転手)
※空き缶はどこからきたのか?(近くの店、自動販売機、スーパー_?)

回収エリアと以前の回収日から考えて町全体でどれくらいの空き缶 がポイ捨てされているか予想させ、環境への影響を考えてみるのもよい。

自動販売機やポイ捨ての実態を調査について、もっとくわしく調べる計画を立てる。(2時間)

inoteにまとめて公開することを想定しながら、計画を練る。

計画にしたがって、各自で方法を選びながら、調べ活動を行う。(2時間)

インターネットの検索システムを使って、自販機の不思議を調べる。
設置している店の人や、自販機を利用している人にインタビューする。
自販機のデジタルコンテンツのページで調べたり、電子メールや郵便で質問したりする。
調べたことをinote(自分のノート、グループノート、テーマノート)やワークシート2へ書き込んでいく。

-1
町内での設置場所、設置数、メーカー種類
「地域の自販機マップ」にあらわそう。

自動販売機の生産台数、製造コスト
統計資料を活用しよう。

世界有数の自動販売機設置国=日本
外国の状況は?(ドイツなどヨーロッパ諸国、発展途上国ではどうか?)
どうして、日本は世界一なのだろうか?

自動販売機の消費電力量 について
他のものと比べてどれくらい電力を消費するのか?

-2
自動販売機登場の歴史
いつ頃登場したのか?なぜ、自動販売機が作られるようになったのか?

消費者に対する自動販売機の配慮
人に優しい自動販売機、購入しやすくする工夫、購買意欲促進の工夫など

ジュース缶 について
アルミ缶 、スチール缶の違い、リサイクルについて、製造番号等

調べてわかったことや自動販売機やポイ捨てに対する自分の考えが、他の地域の人に伝わるように工夫してまとめる。(3時間)

調べたこと、わかったこと、考えたことを、文や画像を使ってわかりやすくまとめる。

自分たちの調べた内容や意見を伝える。(1時間)

交流校でも見られるように、調べたことをinoteに入力してまとめる。
意見を聞いたり、疑問を解決するために自動販売機会社にE-mailや手紙を出すのもよい。

テーマを元に交流校とinoteで自分たちの地域をと比較し検討をする。(2時間)

調べたこと、わかったこと、考えたことを、文や画像を使ってわかりやすくまとめる。


空き缶 ポイ捨てを減らすアイデアは?  ⇒自動販売機をなくしたらポイ捨ても減る。  ⇒飲んだらすぐつぶして持って帰りやすい容器にする。  ⇒ゴミ箱をもっと増やす。
みんなに伝えていくためには? ⇒ポスターや標語をあちこちにはる。
自分たちの生活の中でできることはないかな?

テーマを元に交流校とテレビ会議をする。(1時間)

交流校の人の意見を聞き、自分の考えを深める。

このテーマを元にinoteで自分たちの夢の自販機を提案する。(1時間)

自動販売機に対する自分たちの思いが伝わる未来の自販機をイラストや文でまとめる。


自動販売機会社に、この案を提案する。


「考えてみよう未来の自動販売機(こんなのがあればいいな・こういう機能が欲しいな)」


すぐにでも実現可能なものから近未来では実現できそうなもの、または全く空想上のものまで、自由な発想を大切にする。

環境に優しい自動販売機は?
無着色缶 の販売(リサイクルしやすい)
自然帰化型容器の使用=木製や特殊プラスチックなど
冷暖房設備なし(省電力型)で、安価にした自動販売機
ソーラーパワー発電付き、プリペイドカード利用の自動販売機
空き缶 回収機付き自動販売機

24時間電源が入っているという観点から、この電力をどう有効利用できないか?
コンビニなどに設置されている「情報ステーション」のような役割

設置場所、観光地での美観などに関する観点からの工夫は?

店や企業にインタビューや質問する場合、営業に支障をきたさないように、写 真撮影、インタビュー時のマナーなど子どもたちへの事前指導に十分配慮するようにしたい。

基本的な立場としては…短絡的に「自動販売機設置=空き缶ポイ捨て」という考え方ではなく、「自動販売機=文明の利器・技術の結晶」というように考えさせたい。ただし,現在の自動販売機はまだ完璧なものでなく,空き缶 回収システムを組み込むことなどがこれから求められて行くであろう。
この辺は,「自動車」と同じ流れになることが予想される。便利さを追求し後追いで環境福祉面 が考えられている。)

機械そのもののではなく,「使用者のモラル」の面が非常に大きいことに気付かせたいものである。ただし口だけで「モラルモラル」と言ってもなかなか動かないのが現状であり,具体的な動きとして「設置場所の工夫」に目を向けさせるようにしたい。
この学習パッケージは授業の流れとして直線的なものにしているため,ステップ2の調査段階では,自動販売機生産者・設置者サイドの工夫や考えを聞く場面 となるであろう。ステップ1で消費者・迷惑者?サイドの意見を聞いているので,ステップ1&2で,立場を変えて考えるようにしていきたい。
カリキュラム実施の時間的制約や各班(各自)の資料作成時間の差などを考えると、「発表会」の形式を取ることは難しいので、inoteで、全員の資料を共有し、理解を深めることが重要となってくると考えられる。

本単元の目的は,自動販売機を取り巻く環境全体について、各自が調査したこと知り得たことについて自分の意見や考え、主張を持つことを重視するのであって、各班(各自)がまとめたことを全員一律に理解する必要はないであろう。調べ活動での資料作成は、むしろ、ステップ3や4、5での話し合いの時点で、自分の意見に説得力を持たせるための資料としての活用、またそのためのヒントとなるようなものを期待している。