情報機器と情報社会のしくみ素材集
  トップページ コンピュータ 情報の表現と量 ソフトウェア ネットワーク 情報モラル教育  
1506 フロッピーディスクの構造

サムネイル画像をクリックすると、拡大画像や動画を別ウィンドウでご覧になれます。

1506-1-A

JPEG 静止画
52 KB
フロッピーディスクの構造 フロッピーディスクの構造

フロッピーとは、「へにゃへにゃ」といった意味です。フロッピーディスクに入っている磁気ディスクが、両面に磁性層を形成した薄いプラスチック製で、簡単に曲がるほど柔らかいため、フロッピーディスクと呼ばれるようになりました。1枚のディスクの片面に80本、両面で160本のトラックがあり、約1.4Mバイトの記憶容量を持ちます。
1506-1-B

JPEG 静止画
37 KB
フロッピーディスクの構造 フロッピーディスクの構造(説明なし)
この素材は 1506-1 フロッピーディスクの構造 の説明の入っていないものです。
1506-2-A

JPEG 静止画
98 KB
フロッピーディスクとCD-ROMのトラックの違い フロッピーディスクとCD-ROMのトラックの違い

フロッピーディスクは、複数のトラックが同心円上に配置され、ディスクの外側がトラックの開始位置で、トラックは複数のセクタに分割されています。一方CD-ROMのトラックは、らせん状に配置され、ディスクの内側がトラックの開始位置で、外側に向かって再生されていきます。
1506-2-B

JPEG 静止画
63 KB
フロッピーディスクとCD-ROMのトラックの違い フロッピーディスクとCD-ROMのトラックの違い(説明なし)
この素材は 1506-2 フロッピーディスクとCD-ROMのトラックの違い の説明の入っていないものです。
This material is the copyrightedproperty of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of Japan,
and may not be used outside of Japan without its permission.