シラバス: Webで学習する 「天気と気象」〜北から南から〜 
         (8時間+4時間)


 ◆期間  基礎学習    : 9月16日(火)〜10月10日(金)  
       発展課題(選択): 10月13日(月)〜10月24日(金)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  学習目標(学習活動):
  1.台風を身近な気象現象としてとらえ、関心を高める
  2.台風に関する被害の地域の情報を収集し、調べる
  3.台風の雲と天気の関係を、データに基づいて予想する
  4.日本に来る台風の進路の特徴を知る
  5.台風の雲と天気の関係を理解する。
  6.台風が私たちに与える影響について、自分でテーマを設定して調べまとめる。
  7.情報の収集や発信にインターネットを活用する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

【STEP-1】(2時間)  ◆期間: 9月16日(火)〜9月19日(金)

 調査:台風ってどんなもの?
  1.台風ということばから思いつくことばを書きならべる。
  2.過去の記録などを調べて、台風が来たときの実際のようすを知る。
  3.身近な人から、台風の経験を聞く。
  4.記録などからそのときの天候や風速、被害のようすなどを確かめる。

【STEP-2,STEP-3】(2時間)  ◆期間: 9月22日(月)〜9月26日(金)

 活動:空から見た台風[1時間]
  1.宇宙から見た台風とその拡大写真を観察する。
  2.台風の雲の特徴を調べる
  3.写真をみて気がついたことを書く。

 活動:台風と各地の天気[1時間]
  4.台風が上陸したときの各地の風の向きを予想する。
  5.台風の気象衛星写真から、各地の天気を予想する。

【STEP-4】(4時間)  ◆期間: 9月29日(月)〜10月10日(金)

 活動:台風の動き[2時間]
  1.衛星写真などを資料にして台風10号の進路を調べる。
  2.過去に上陸した台風の中心の位置の動きを、白地図にまとめる。
  3.過去の台風の進路をもとに、台風の進路の特徴をまとめる。

 ※資料シート    2003年8月6日から8月9日まで期間、台風10号の12時間ごとの気象衛星画像

 ●【問題】 台風の動きと天気の変化[2時間]
  4.これまでの知識をもとに、台風の進路と気象の変化を予測する
   
【STEP-5】選択(4時間)  ◆期間: 10月13日(月)〜10月24日(金)

 課題研究:台風が私たちにあたえる影響
  1.テーマに関連する情報を収集する。
  2.収集した情報の特徴を調べ、比較しながらワークシートにまとめる。

 ●テーマの例
  ・台風が来るのは、困ったことばかりだろうか?
  ・台風の被害は、風だけなのだろうか
  ・台風は、いつでも反時計まわり(左巻き)の風がふくのか
  ・台風の渦巻きの右側と左側は、同じ強さの風が吹いているのか?