No. 10 金管楽器の音楽を聴こう

◆ 校種 ◆
小学校
◆ 教科 ◆
音楽
◆ 学年 ◆
4年
◆ 時間数 ◆
2時間
◆ 教科書 ◆
教育芸術社

学習のねらい
・2種類の金管楽器の形や奏法の違いなどに気づいたり、それぞれの音色を味わって聴き比べたりする。
・主な旋律を口ずさんだりしして、曲に親しみながら聴く。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A21-2-060: ブラウザを使い、インターネット上の情報を閲覧する〔体験〕

STEP1
○「かり」「トロンボナンザ」「トランペットふきの休日」の曲を聴き、使われている金管楽器を考える。
 

・ホルン、トランペット、トロンボーンが利用されているが、あらかじめそれらが利用されていることを教えずに、コンテンツ内の映像資料を見て、どんな楽器が利用されているかを考えさせても良い。

STEP2
○それぞれの曲に使われている金管楽器について調べる。
 


活用のポイント
○実物を見せたり演奏したりする事が望ましいが、音楽を担当するすべての教師ができるわけではない。このような場合、映像資料はとても有効である。また、それぞれの楽器の形を見るだけでなく、音色や奏法を一度に学習することができることも有効である。

その他の関連素材
【オーケストラの楽器】〔金管楽器〕 トランペット族/トランペットの音色
【トランペットの音色】
ピッコロやコルネットもあるので比較できる。

【オーケストラの楽器】〔金管楽器〕 トロンボーン族/テナートロンボーンの音色1
【テナートロンボーンの音色1】
アルトやバスもある。比較して聞かせたい。

【オーケストラの楽器】〔金管楽器〕 ホルン/ホルンの音色1
【ホルンの音色1】
音色だけでなく、右手の特殊な使い方にも着目させたい。