No. 28 日本とつながりの深い国々

◆ 校種 ◆
小学校
◆ 教科 ◆
社会
◆ 学年 ◆
6年
◆ 時間数 ◆
6時間
◆ 教科書 ◆

学習のねらい
・日本と関係のある国々の人々の生活の様子について調べ,異なる文化を理解し合うことの大切さを考える。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A32-3-040: 複数の情報を組み合わせて考えることができる〔行動〕
 ◆A21-3-040: 目的や視点を明確にして、情報を集めることができる〔行動〕
 ◆A51b3-070: 集めた情報の中で、どれが課題解決に使えそうかがわかる〔判断〕

STEP1
○自分の知っている身近な外国はないだろうか。
 

・身の回りの外国製品、ニュースなどから日頃から日本と結びつきが深そうな国を1か国選ぶ。

STEP2
○自分が選んだ国について調べる。
○調べて事を自分の選んだメディアで効果的にまとめる。














 

・自分が選んだ国の人々の生活について調べて、日本との結びつきを考える。
・まとめる際には、みんなに効果的に伝わるようなまとめ方をするようアドバイスをする。

STEP3
○調べた国について発表する。
 

・お互いに発表しあい、考えを述べあう。

活用のポイント
○既習内容等とかかわりのある国を選択するようにする。
〇デジタルコンテンツは,資料そのものとして利用すること,調べる視点として利用することができる。
〇本や雑誌,外国人との交流等のほかの資料と合わせてデジタルコンテンツを利用する。

その他の関連素材
【国際理解】〔中国・韓国のくらし〕 韓国の町並みと建築物/ソウルの町
【ソウルの町】
町には多くの高層ビルが建てられている。ミョンドンなどの繁華街のにぎわいが分かる。

【国際理解】〔中国・韓国のくらし〕 韓国の町並みと建築物/ソウルの住宅地
【ソウルの住宅地】
多くの人が住む集合住宅の様子が分かる。

【国際理解】〔中国・韓国のくらし〕 中国の町並みと建築物/北京(ペキン)の町
【北京(ペキン)の町】
近代的ビルが建ち並ぶ一方で,古い街並みの商店街のにぎわいもよく分かる。町を歩く人々の服装なども知ることができる。

【国際理解】〔中国・韓国のくらし〕 中国の町並みと建築物/レンガ造りの家
【レンガ造りの家】


北京(ペキン)では,土を焼いて作ったレンガ造りの家が多く見られる。その様子が分かります。

【国際理解】〔アメリカ・ペルーのくらし〕 アメリカ合衆国の町並みと建築物/ニューヨークの町
【ニューヨークの町】
ニューヨーク市の象徴マンハッタン島に築かれた高層ビル群の様子がよく分かる。

【国際理解】〔アメリカ・ペルーのくらし〕 アメリカ合衆国の町並みと建築物/フェニックスの住宅地
【フェニックスの住宅地】

西部に位置しているアリゾナ州の州都フェニックスの民家。敷地面積が広いため,平屋の住宅である事が分かる。