No. 50 「いつもの道で」(水彩画)

◆ 校種 ◆
小学校
◆ 教科 ◆
図画工作
◆ 学年 ◆
5年
◆ 時間数 ◆
1時間
◆ 教科書 ◆

学習のねらい
・水の含ませ方による濃淡の工夫や、白や黒、灰色などとの混色の工夫をしながら表現することができる。
・写実的な表現だけでなく、印象的な表現や点描のタッチなど、風景から受けるイメージと自分の気持ちを合わせ、自分の気に入った表現方法で絵を描くことができる。
・友達の作品を鑑賞し話し合うことにより、作品の特徴やおもしろさ、作者の想いに気づくことができる。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A51a2-030: 自分の身近な問題から課題を考える〔思考〕
 ◆A42-2-040: 集めたデータを元にして、発表資料を作る〔行動〕
 ◆A21-3-020: 情報機器を利用して、画像や動画を記録する〔技能〕

導入
○学校から見える風景の中で、自分のお気に入りの場所について話し合おう。
 

・子どもに思い出させるヒントとして、デジタルカメラなどで、あらかじめ風景をいくつか撮っておき、提示する。
・ワークシートを用意する。

展開
○いくつかの風景画を見てみましょう。全部風景を描いた絵です。それぞれの絵の描き方(タッチ)の特徴を見つけてみましょう。

お気に入りの風景を描くヒントを探そう
・グループで一枚の絵について話し合い、各自ワークシートに気づいたことを書き込んでいく。
 

・A4サイズに印刷した絵画6枚を用意、グループに配布。
・一斉に提示できるようにパソコンでも用意しておく。

まとめ
○調べたことについて発表しましょう。
・自分以外のグループが発表したことを、ワークシートの該当欄に記入していく。
 

・一つの発表が終わるごとに、描画の方法を補足する。

まとめ
○今回自分が描く風景画は、どの絵の描き方(タッチ)が手がかりとなるか、ワークシートに書きましょう。

活用のポイント
○各作品を深く鑑賞するというよりは、風景画の描き方は多様にあることに気づかせたい。
○教育用画像素材集から印刷するときは、作品がはっきり印刷できるよう設定して印刷する。(特に点描画など)

その他の関連素材
【インターネット美術館】〔新印象派〕 シニャック/サン・トロペ港
【サン・トロペ港】
風景画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ

【インターネット美術館】〔印象派2〕 モネ/印象・日の出
【印象・日の出】
風景画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ

【インターネット美術館】〔写実主義〕 ミレー/春
【春】

風景画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ

【インターネット美術館】〔その他〕 ルソー/牛のいる風景
【牛のいる風景】
風景画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ

【インターネット美術館】〔その他〕 ブーダン/ドーヴィルの突堤
【ドーヴィルの突堤】
風景画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ

【インターネット美術館】〔後期印象派〕 ゴッホ/麦畑と糸杉
【麦畑と糸杉】
画の描き方は多様にあることに気づかせるため、風景が写実的に描かれているものを選ぶ