No. 51 水泳(クロール)

◆ 校種 ◆
小学校
◆ 教科 ◆
体育
◆ 学年 ◆
5年
◆ 時間数 ◆
1時間
◆ 教科書 ◆

学習のねらい
・できる泳ぎ方で、距離に挑戦したり、できそうな泳ぎに挑戦したりして楽しむ。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A21-3-040: 目的や視点を明確にして、情報を集めることができる〔行動〕
 ◆A21-3-020: 情報機器を利用して、画像や動画を記録する〔技能〕

導入
○クロールの泳法の技術を映像を通し、確認する。
○今日の練習のポイントを決める。
 

・CEC素材をダウンロードしておく。
・事前に自分の泳ぎをビデオで撮影しておき、CEC素材と泳ぎの比較をさせ、どこを練習をするのかを考えさせる。

展開
○自分の立てた練習ポイントに注意しながら、練習する。
 

・運動量を十分確保する。
・バディの相手が、泳ぎ(練習ポイント)をビデオで撮影する。

まとめ
○自分の立てた練習ポイントについて、注意したことろを発表する。
○CEC画像と比較し、さらによりよい泳ぎになるように励ます。

活用のポイント
○クロールで泳げる子どもは比較的多い。さらに速く泳いだり、続けて長く泳ぎたいと思っている子どもも多い。泳ぎのポイントを、CEC画像から得て、子どもたちが主体的に基本練習に取り組めるようにする。
○子どもたちが撮影した映像を全員で確認し、CEC画像と比較することで、よりよい泳ぎになるようにする。

その他の関連素材
【体育(水泳)】〔クロール〕 クロールの泳ぎ方とルール/クロール/泳ぎ方とルール
【クロール/泳ぎ方とルール】
クロールの泳ぎ方とルールを確認できる。

【体育(水泳)】〔クロール〕 クロールの泳ぎのポイント/クロール/ローリングの技術
【クロール/ローリングの技術】
ローリングのポイント、両肩を回転させ、ストロークを大きくする技術を知ることができる。

【体育(水泳)】〔クロール〕 クロールのプル(手のかき)/クロール/プルの一連動作
【クロール/プルの一連動作】
クロールのプルの一連動作、エントリー、キャッチ、スカーリングプル、フィニッシュ、リカバリーを確認できる。

【体育(水泳)】〔クロール〕 クロールのキック/クロール/キックの一連動作
【クロール/キックの一連動作】
蹴り下ろしのダウンキックと、蹴り上げのアップキックの仕方が分かる。

【体育(水泳)】〔クロール〕 クロールの呼吸動作/クロール/呼吸動作のポイント
【クロール/呼吸動作のポイント】
クロールの呼吸で、造波作用によって口元にできる波のくぼみを利用している様子、体がローリングした半身のときに小さく素早い呼吸動作することを理解することができる。