No. 58 わたしたちの国土

◆ 校種 ◆
小学校
◆ 教科 ◆
社会
◆ 学年 ◆
5年
◆ 時間数 ◆
1時間
◆ 教科書 ◆

学習のねらい
・気候条件により、地域により特色ある産業や生活があることに関心を持ち、意欲的に調べる。

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A41-3-110: 考えたことや自分の意図が相手に伝わりやすいよう話を組立てる〔思考〕
 ◆A51b3-070: 集めた情報の中で、どれが課題解決に使えそうかがわかる〔判断〕
 ◆A21-3-050: 他の情報と比較しながら、必要な情報を集めることができる〔行動〕

導入
○気温や降雨量の違いから、農産物の特長を想起させる。
 

・気候の違いから、特色ある農産物の違いをとらえさせる。

展開
○農産物の各種の統計資料を用意する。
 

・統計資料は多岐に渡るので、農産物に絞り込むとよい。

まとめ
○気候と農産物の関係に焦点をあてる。

活用のポイント
○デジタルコンテンツやネット上の資料から、農業で働く人々の生活感がつかめるように配慮する。
○農業に関わる人々が気象条件によりどんな工夫や苦労をしているかを資料から読み取らせる。

その他の関連素材
【みつめよう私たちの国土】〔くらしと環境〕 あたたかい土地・寒い土地/寒い土地・雪下ろし(新潟県)
【寒い土地・雪下ろし】
家の構造や重い雪を屋根から落とす様子から、降雨量と生活の様子を捉えさせる。

【みつめよう私たちの国土】〔まちのすがた〕 みぢかな地形/コンドイビーチの砂浜(沖縄県)
【コンドイビーチの砂浜(沖縄県)】
沖縄と新潟の気温図の違いに注目させ、暮らしの様子を探る糸口とする。