No. 80 古典を楽しもう(平家物語)

◆ 校種 ◆
中学校
◆ 教科 ◆
国語
◆ 学年 ◆
2年
◆ 時間数 ◆
4時間
◆ 教科書 ◆

学習のねらい
・時代背景と内容が理解できる
・情景や人物の心情をまとめることができる
・工夫して朗読することができる

新・情報教育目標リスト(2011)対応
 ◆A21-4-020: 目的に応じて検索サイトのサービスを使い分ける(路線・地図・画像など)〔行動〕
 ◆A21-3-050: 他の情報と比較しながら、必要な情報を集めることができる〔行動〕
 ◆A41-2-030: 5W1Hを意識しながら、分かりやすく表現する〔行動〕

導入
○教科書を読む(本文を通読する)
 

・教科書を読む際、大切な箇所(分かったことや不思議に思うこと)に下線を引くように指示する

展開
○読んで分かったことや不思議に思ったことを発表する
 

・下線を引いた箇所を自由にあげさせる

まとめ
○生徒の意見をカテゴリーに分けてまとめる
 

・どんなカテゴリーに分類できるか考えさせる

まとめ
○まとめとして、教科書の挿絵や教育用画像素材(和楽器→弾く楽器→琵琶)を提示する。琵琶の音色に触れ、当時の琵琶法師による弾き語りなどに対する想像をふくらませる

活用のポイント
○教育用画像素材の動画3点を提示し、生徒の想像力やイメージをふくらませることができる

その他の関連素材
【和楽器】〔弾く楽器〕 琵琶(びわ)/楽器 薩摩琵琶(びわ)の構え方
【楽器
薩摩琵琶(びわ)の構え方】
びわという楽器についてイメージをふくらませることができる。

【和楽器】〔弾く楽器〕 琵琶(びわ)/演奏「崩れ」(薩摩琵琶)
【演奏「崩れ」(薩摩琵琶)】
びわの音色に触れ当時の弾き語りへの想像をふくらませる。

【和楽器】〔弾く楽器〕 琵琶(びわ)/演奏「さくらさくら」(薩摩琵琶)
【演奏「さくらさくら」(薩摩琵琶)】
びわの音色に触れ当時の弾き語りへの想像をふくらませる。