ICT支援員のための「コミュニケーション研修」概要
2018年12月9日(日)に実施いたします
お知らせ: 2018年11月27日
会場が「台東区立環境ふれあい館ひまわり」より聖心女子大学へ変更になりました。

「ICT支援員能力認定試験」では、「A領域(知識・判断力テスト)」と「B領域(コミュニケーション能力テスト)」の2領域で評価されますが、情報ネットワーク教育活用研究協議会(JNK4)では、「B領域」合格と同等の「コミュニケーション能力研修コース」の認定コースとして、「コミュニケーション研修」を開催しています。

このコースは、ICT支援員が学校現場で対応する問題を中心として研修し、問題状況の調査・分析、相手の状況を十分把握したうえでの対応、切り分けの視点などを対面学習で学んでいただくような内容になっています。

ICT支援員認定のためには、AB領域の同時受験・同時合格、あるいは A領域のみ合格(A領域のみ受験を含む)の場合は 2年以内に「コミュニケーション能力研修コース」の合格修了、が必要です ので、ご注意ください。

なお、2015年より2018年4月まで「コミュニケーション能力研修コース」を先に受講・修了後1年以内に、A領域の受験・合格すれば、ICT支援員として認定する制度を試行してきましたが、現在は、「先に研修合格しB領域の受験を免除すること」は認めていません。
*詳しくは「ICT支援員能力認定試験に関するQ/A」を参照ください。

研修の概要
  • 日付:
  • 2018年12月9日(日) 
  • 時間:
  • 10:00~16:00
  • 対象者:
  • 原則として、2017年6月以後に「ICT支援員能力認定試験」A領域合格者
  • 募集人数:
  • 20名 (定員を超えた場合、お断りすることがあります)
  • 受講料:
  • 6,500円(税込)
  • 参加要件:
  • 事前に練習課題として30秒程度の自己紹介動画を撮影して提出いただきます。当日の実習を円滑に進めていくため、撮影した動画のサイズ縮小やネットワークで課題を送信する練習をしていただくとともに、研修に必要な機材があるかどうかの確認も兼ねています。
  • 修了基準:
  • 本研修の受講と、研修後に提出いただく動画課題の評価により、「コミュニケーション能力研修コース」修了と判断します。
研修内容
  • 9:40~10:00
  • 受付
  • 10:00~10:40
  • オリエンテーション・アイスブレイク
  • 10:40~12:00
  • グループワーク(1)
    ・問題分析・状況判断
  • ~昼食・各自~
  • 13:00~14:30
  • 相互評価とコメント
  • 14:30~15:30
  • グループワーク(2)
    ・改善点の確認、問題に対応した対話の検討
  • 15:50~16:00
  • まとめ
持ち物
研修ではご自身のスピーチを録画していただくため、録画用端末とマイク(録音時に他の人の音声が入らないようにするため)が必要です。また、録画した動画は、お互いに見て相互評価をするため、イヤーフォンも必要になります。下記を参照し、練習課題で使用したものなるべくお持ちください。ただし、[1]、[2]の両方とも可能な場合はPCの方が便利です。

[1] 録画用端末としてご自分のスマートフォンを利用する場合
  • スマートフォン(iPadなど動画が撮影できるタブレットPCでも可)
  • マイク付イヤーフォン
  • 充電用USBケーブル(録画した動画ファイルをUSB接続してファイル移動に使います。)
※iPhoneの場合、購入に付属しているヘッドセット「EarPods」はマイク付きですので、それをお持ちいただければ利用できます。(下の写真は例です)


[2] 録画用端末としてご自分のカメラ付きノートPCを利用する場合
  • カメラ付きノートPC
  • マイクとイヤーフォン(マイクとヘッドフォンが一緒になったヘッドセットでも構いません)

演習を円滑に進めるために、事前にご自身の端末でプレゼン等の自撮りの録画をして、提出いただく練習課題があります。
機器の貸し出しについて
上記端末をご自身で準備できない場合、必要機材を貸出しいたします。
  • Aセット:カメラ付きノートPC(またはタブレットPC)およびヘッドセット
  • 2,000円
  • Bセット:ヘッドセットのみ
  • 500円
練習課題の提出時に併せて機材の貸出しをお申し込みください(貸し出し費用は当日現金払いとなります)。
ICT支援員の認定について
研修終了後に提出いただく動画の評価に約1週間から2週間程度要します。合格された方には「合格証」をお送りします。ICT支援員としての認定は、年4回(7月、10月、12月、3月)開催される認定委員会に諮った上で認定となりますので、研修合格後少し時間があきますが、ご了承ください。なお、ICT支援員の認定証およびライセンスカード(希望者のみ)の送付は、認定委員会の開催後、約1か月後となります。
受講のお申し込み
申込数が定員に達したため、申込受付を終了しました。
ICT支援員能力認定試験については、「ICT支援員能力認定試験に関するQ/A」も参照ください。
メールでのお問い合わせ先:itce-office@jnk4.org